ターゲットを絞ろう

販促目的でノベルティを制作する際の商品の決め方について、重要なポイントを押さえておく必要があります。安いから、他社も同じ物を作っているからと言って安易に決めてしまうと、全く販促に繋がらず、無駄にお金を消費してしまったという結果にもなりかねませんので、十分に考えて制作するようにしましょう。

ノベルティ商品の決め方とは、まず、配布するターゲット層を設定することが大切なポイントです。企業や商品の顧客はどのような市場にいる相手なのか、きちんと分別することから始めましょう。男性か女性か、年齢層は、家族構成は、住んでいるエリアは、生活スタイルは、好みや考え方等、細かいターゲット層の見極めが肝心です。企業の求めるターゲット層が分かることで、価格や機能等によって販促を行う基準を決めることができます。その基準に基いて、そのターゲット層がもらって嬉しい販促品は何かをリサーチします。主婦層であれば日用品、ビジネスマンであればボールペンやメガネ拭き等、若い女性であれば油取り紙、子供向けならおもちゃ、といったように提案し、配布期間や配布予定数を考えて予算を立てるようにしましょう。数を重視するのか、質を重視するのか等も考慮に入れると良いでしょう。